"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 (函館本線) 1969

sapporo_08-Edit.jpg

明確に記憶の在る札幌駅は、駅本屋東側には国鉄バスのターミナル(バスセンターと呼んでいたと思う)とその奥に車庫が造られた頃からで、「この間まで貨物積卸場だった」とバス待ちの人に聞いた覚えが在る。車庫は札幌自動車営業所であり、後に札幌中央支所を経て取り壊され、今は創成通りに面した広い駐車場になっている。
駅前には森永キャラメルの地球儀型の広告塔が目立っていて、そして民衆駅として建てられた4代目駅本屋は増築前の4階建てであった。
北側には、まだ貨物施設の残されて、西5丁目陸橋を渡って往けば貯炭場跡の荒れ地と高架で引き込まれた北海道炭礦汽船専用線の残骸が見渡せ、駅裏の泥道の向こうにはトタン屋根の住宅街が広がっていた。もちろん、これがそのような施設であったとは後年に知ったことである。

ここは間もなく取り壊され空き地となったから、構内に在った札幌客貨車区の検修庫や客留線を間近に眺められた。札幌駅構内に現業機関としての客貨車区が置かれたのは1950年2月10日に至ってからだが、1885年の構内図には転車台に繋がる機関室とは別に汽車室なる施設が見て取れ、官営幌内鉄道の開通時より客車検査/収容設備は駅に付属して存在し続けたようだ。1937年に機関庫が苗穂に移転して施設を拡張したものだろう。1958年の資料によれば、配置74両に対して検修線-2線/客留線-3線/庫内線-2線とあり、それほどの規模ではない。函館線上には旭川に岩見沢、小樽と同規模の区所が存在して機能を分担していたのである。ただし、各線とも有効長が150から200メートル取られており、確かに子供の目には大きな区所に見えていた。
60年代の初めにはオロネ10やオロハネ10、ナハネ10にオハネ17などの軽量客車が配置され、その近代的な外観に眼を見張ったのを思い出す。それらは写真で見た九州特急に組成された車両と同じであったから、昼間に留置されていた<まりも>の札幌増結編成など、それを見るようなつもりで眺めたのだった。ただ、座席車だけは道内への配置は無く、夏季輸送用に本州の区所から貸し渡されるのを待つしかなかった。
対して、さすがに木造車はいなくなっていたけれども、オヤ31やオル31と云った17メートル鋼製車から格下げ改造車も健在で、これもかつての大陸連絡特急列車用とも聞いて興味を惹かれたものだった。

やがて、手稲駅西方に札幌運転区(現運転所)が開設されると、配置車の大半は同区に配転となった。65年9月1日のことである。スエ30と31の2両が残されたが、これとて元来苗穂支区配置でそれの廃止後も苗穂機関区に常駐していたものであった。札幌客貨車区の実車の配置は無くなったものの、他区所からの入込車に対する仕業/交番検査業務区所として86年11月1日まで存続し、同日付にて札幌貨物ターミナル駅に移転して白石運転区に組織を改正された。現在の日本貨物鉄道札幌機関区の前身である。施設自体は75年度までに撤去され、高架新駅の用地に転用された。

駅には1963年に北口が開設され、東跨線橋に繋がる長い連絡跨線橋からは客貨車区構内を見下ろせた。南側の駅本屋は、62年に一部のみ施工されていた5階部分の増築工事が65年10月10日に完成した。
写真は北口に繋がっていた東跨線橋と、凄まじい排気とともに4番線を出て往くのは401D<狩勝1号>である。
この迫力ある気動車の発車の様は、子供の頃から飽かずと眺めていた光景だった。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor5cm/F2 1/125sec@f4 NeopanSS Y48filter Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

モノクローム

 拙ブログにご来訪とコメントを有り難うございました。
 失礼ながら、こちらのブログは初めて拝見しましたが、素晴らしいカメラアイで、プロになる方はやはり一味も二味も違うと感服致しました。
 60年代後半から70年代前半の北海道の蒸機を撮影されているのも羨ましい限りです。
 大学4年だった71年から5年間、蒸機を追って何度か渡道しましたが、大した写真は残せませんでした。
 今から思うと北海道の大学を受け、北海道の企業へ就職すれば良かったかも知れません。
 ただ、東京生まれの人間には冬の北海道は厳しかったですね。特に寒がりでしたから...
 これからも時々拝見させて頂きますので宜しくお願いします。(ブックマークさせて頂きました)

  • 2013/06/21(金) 11:23:47 |
  • URL |
  • 佐倉 #qBJdVxD6
  • [ 編集 ]

Re: モノクローム

こんばんは。
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます。
佐倉さんのブログも覗かせて頂くつもりでおります。
よろしくお願い申し上げます。

  • 2013/06/21(金) 23:04:32 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/416-be09132c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。