"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元沢木仮乗降場-栄丘 (興浜南線) 1978

moto_sawaki_02-Edit.jpg

安別仮乗降場 (天北線) 1985 から続く

前回で述べた旭川鉄道管理局管内の事例は地元のニーズに開設を急いで(積雪期に間に合わせる等)、局長判断にて手続きを省略し本社承認を得ないものであった。
推定に過ぎないが、斉藤治平のそもそもの発案は、それこそ彼の専門分野と思われるバスのごとくに気動車を煩雑に停車させることではなかったろうか。例え数戸であろうが集落に通ずる道の線路に接する地点に「停留所」を考案したのである。従って乗降設備も気動車の乗降扉の一箇所が接すれば良い程度の乗降踏台を想定していたものと思われる。
この提案に現地事情を知らぬ本社側は、それを臨時乗降設備仮設の管理局長権限の拡大解釈と認めるにしても、高頻度の停車によるダイヤ編成への影響や車両運用など運転上の事由にて難色を示したのではなかろうか。戦前に試行された「ガソリンカー駅」の失敗も考慮されたであろう。
1960年までの97場設置は、斉藤としても譲歩した結果であり、設置経費増を招く気動車1両分程の乗降台設備は運転側の制動操作に配慮して本社指導を受け入れたものと推測する。
斉藤は設置を進めながら、利用者数の当時の駅設置基準に到達した案件については積極的に駅昇格も働きかけ、それを実現している。キロ程付与による利用者の運賃負担軽減を慮ってのことである。

この斉藤治平による事例を以て、道内の仮乗降場全てを未承認案件とするのは誤りと思う。
国鉄における「仮乗降場」とは、本邦にて最初の統一された鉄道の技術基準である「鉄道建設規程」(1900年8月10日逓信省令第33号)の第31条に規定された「地方ノ状況ニ依リ」特許を得て「設クルコトヲ得」る「簡易停車場」に端を発するものと思われる。
1907年に開設された札幌競馬場への観客輸送を図って、1908年8月8日から4日間のみ使用された北五条、それを引き継ぐ1913年7月19日付の競馬場前の道内初期の「仮乗降場」事例は、この規程に準拠したものであろう。当時に、これを「仮乗降場」と称したかは定かでない。ちなみに競馬場前は現在の桑園の前身にあたる。
続いての「仮乗降場」には、1926年7月1日開設の瀬越、1932年7月22日の新七重浜、そして1944年7月1日付での胆振縦貫鉄道の国有化に際して、地方鉄道建設規程に従っての停留場の内、駅に昇格されなかった尾路遠の例が在る。尾路遠は山中に存在した保線区所の官舎居住職員・家族のみの利用につき、駅とはしなかったものである。
これらは前回に「仮乗降場」の項を引用した『鉄道辞典』の編纂より前の鉄道省の時代なのだが、引用の前段での解説通りに本省予算にて設置し鉄道公報にて達の出され、鉄道局管理部がこの場合は通年開設としたものであろう。云うなれば正規の仮乗降場だったはずである。
(この項 電力所前仮乗降場 (士幌線) 1979 に続く)


元沢木は、斉藤治平の設置した一連の設備で1955年12月25日に開設されている。対して、彼の関わらない1948年に仮乗降場として置かれたのが栄丘である。設置当初の姿は知らぬのだが、この当時の土工のホームは、その海側に交換設備を予定したような用地も持っていた。ここは、元沢木の置かれた約1年後の56年9月20日に駅へ昇格した。これを含む1946年から1950年に開設された28場の仮乗降場については次回に述べる。
写真は、元沢木を発車して往く827D、雄武行き。
海沿いに散在するけれど酪農の集落である。板張りの乗降場は左に画角を外れたところにあった。
(文中敬称を略)

[Data] NikonF2A+AiNikkor180mm/F2.8 1/250sec@f8 Y48 filter Tri-X(ISO320) Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/411-891ef152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。