"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

留辺蘂 (石北本線) 2001

rubeshibe_01-Edit.jpg

それの醸された土地に想いを巡らすのも酒呑みの楽しみのひとつだ。
人の定住するところに酒蔵の在って、地産地消だった原初形態の時代であればなおさらだろうが、原料米の産地からの移出/移入が自在で、それの地産とは限らなくなっても、そこの水に気候に風土が酒を創って来た。
内陸の農村地帯と海沿い地域の酒質は明らかに異なるし、山間の酒には深山の趣がある。
同じ日本海岸を南下しても、青森西海岸の凛としたそれは由利地域から庄内で軽快感を増して下越地方に続き、中越で奇麗に澄み、上越から大地溝帯へ向けて鋭く立ち上がりながら富山平野を経て、能登半島で嶮先に至る。加賀ではたおやかな滑らかさに転じて、福井嶺北でふくらみを加え、若狭でキレを取り戻す。
水も勿論だけれど、そこに在る暮らしの様が人々への酒質を決めて来たのである。平たく云えば、肴が酒の味を規定するのだろう。

近年、酒蔵の淘汰されてしまった地域で地酒を復活する動きがある。休場/放置されていた蔵を再興する例も見られるが、多くは地産の米、場合によっては水も稼働中の酒造場に持ち込んで醸造を委託するものである。
北見地方では、北見市酒販協同組合による地元産の「はくちょうもち米」(*)と、水も摩周湖伏流水で仕込む「白杜の雫」の例が在る。醸造は札幌の大手、日本清酒である。2012年6月には、美幌町の町内酒販店有志(びほろ酒倶楽部)が地元産「ななつぼし」による仕込みを小樽の田中酒造に委託した「純米吟醸びほろ」が発売された。
状況は異なるのだが、休醸して久しい北見に現在に残る唯一の酒造免許場である山田酒造も、その「栄光摩周」「北見寒菊」は以降金滴酒造にて委託醸造されて来たのである。
(*) - 2012醸造年度より原料米は酒造好適米の「吟風」となった。これが北見産であるかは不明。

さて、酒呑みとしてはこれらを前には複雑な心境なのだ。これらを北見の風土の酒と見るべきか。
戦前に、この地で醸され道内各地にも出荷されたと云う、馬場酒造の「北乃天」を知ってもいれば判断もつきそうなものだけれど、それは叶わない。「栄光摩周」も金滴酒造醸造以降しか知らないのである。もっとも、北見駅で手に入れた「白杜の雫」は美味い酒ではあった。

この地方では、個人商店単独での動きも見られる。
端野駅前に古くから在る田嶋商店は、釧路の福司へ委託した「純米吟醸 福の蔵」と栗山小林酒造での「大吟醸常呂川」を発売している。これらは、プライヴェイトブランドとして扱いだから実にすっきりしている。「福司」に「北の錦」として呑めば良い。
対して、留辺蘂駅前の酒販店高野商店(留辺蘂地酒倶楽部)が、1998年から新十津川の金滴酒造へ委託醸造にて発売し、近年には小樽の北の誉酒造へと委託先の変わった「馬喰一代」は、留辺蘂の地酒を標榜しているのである。それはきっと美味い酒だろう。酒呑みとすれば、ほんとうに困ってしまう。

写真は、留辺蘂に進入する8557列車。この重連運転の頃、落葉松の季節には常紋に誘われた。

[Data] NikonF5+AT-X300AF Ⅱ 300mm/F2.8S 1/250sec@f6.3 C-Polarizing filter Ektachrome Professional E100SW [ISO160 / 0.5EV push] Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/397-9e52a3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad