"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文 (室蘭本線) 1995

rebun_03-Edit.jpg

今、ホタテ養殖発祥の地を謳う記念碑は全国に4箇所存在している。サロマ湖畔の常呂町(現北見市)栄浦、同じく佐呂間町富武士、陸奥湾に面する青森県平内町、そして噴火湾岸の豊浦町礼文華である。それぞれの地域がこのイタヤガイ科の二枚貝の増殖/養殖技術開発史上に足跡を残しており、序列を競うものではない。どれもそこの漁村に繁栄をもたらした先駆者の努力と功績を後世へと伝えるものである。

噴火湾においてもサロマ湖や陸奥湾とほぼ同時期となる1960年代初めより伊達地区海面にて水産試験場の指導のもと養殖試験が行われており、これを最初に事業化し、試行錯誤の上で技術を確立したのが当時の礼文漁協組合員であった。1986年に建立されたここの記念碑は、それが陸奥湾にやや遅れたことを承知していて、「噴火湾ほたて貝養殖発祥の地」とある。
戦後の噴火湾漁業はイワシやニシン、マイカの漁獲が激減し、多くの漁協がサケ・マスの北洋漁業に転進を図ろうとする中で、最も湾奥に位置する礼文はそれも叶わず、60年代後半には生産の軌道に乗りつつ在った陸奥湾に習い、ホタテ養殖に活路を見出そうとしたのである。

ホタテ養殖は、その前段階として海中を浮遊する幼生を基質に付着させ、如何に効率良くそれを確保し脱落させぬかに始まる。採苗と呼ばれる工程である。この基質には、当初貝殻や杉の葉が用いられたが、脱落の多くて採苗は不安定であった。これを劇的に改善したのが陸奥湾の漁師の思いつきによるタマネギ出荷用の細かい目の網袋の使用であった。中に入れた杉の葉から落ちても海中への拡散が防げたのである。
噴火湾では、これをさらに進めた専用の採苗網-ポリエチレンの成形にて5ミリ程の網目を得た「ネトロン網袋採苗器」の試験が行われ、67年には実用化に至ったと云う。
※ホタテ養殖漁業については、北海道水産業改良普及職員協議会のWebsiteに写真による簡便な説明がある。

順調に生産量を伸ばし、90年代以降には年間12万トン前後を記録していた噴火湾産ホタテだが、2008年から思いもかけぬ災禍に襲われることになる。同年9月に海中垂下中のホタテ貝に見慣れぬホヤの付着が確認され、それは翌年2月までにその全てを覆い尽くすまでに成長し、収穫も出来ない程の甚大な被害となったのだった。調査の結果、そのホヤの正体は、北大西洋ヨーロッパ側沿岸に棲息するザラボヤと判明、海外航路船舶にて持ち込まれたと推定される外来生物であった。→函館水産試験場による発表(PDF)
被害は2009年から2010年をピークに以降は小康状態にあるが、その発生メカニズムを含めて調査/研究の段階にあり対策の講じられた訳では無い。収穫後のこれの洗浄除去に手間と経費が生じて漁家の経営を圧迫していると聞く。

写真は礼文華山トンネルからの築堤を下る5列車<北斗星5号>。
ここは、木製であった上下線間の通信線柱が93年度内にはコンクリート製に立替えられて雰囲気がだいぶ変わってしまった。有り体に云えばウルサイのだが、雪中とあれば幾分かは緩和される。
これも既出の画角をご容赦願いたい。

[Data] NikonF4s+AFNikkor180mm/F2.8ED 1/500sec.@f5.6 C-PL filter EPL Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/392-d1a77f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。