"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

広内信号場-西新得信号場 (根室本線) 1996

nishi_shintoku_SS_01-Edit.jpg

屋内撮影が大半だった仕事写真のエクタクロームフィルムを、鉄道撮影で屋外に持ち出してすぐに気がついたのは、EPR以来の隠し味的なシアン系発色は紫外線の豊富な逆光下での遠景など一定の条件にて増幅され、それに転んでしまうことだった。当時に常用のEPPはまだしも粒状性の改善されたPRP、そしてE100Sとその傾向は強まり、発色の高彩度化との関連は明らかに思えた。EPNへ戻ることも考えたが、その粒状性は35ミリには時代遅れでもあった。
もちろん、SCやCCフィルタでの補正に試行錯誤したけれど完全な回避には至らずにいる。

加えて、エクタクロームは環境の色温度に、ことさらセンシティブでもあった。
光源の種類が知れて色温度を計測しておけば、或る程度の予測は立って一定のLBフィルタを使い分ければ良かった仕事写真に対して、自然光下のそれは変動するからデータを採りながら経験を積むことになる。
難儀だったのは降雪ないし降雨中の日出/日没時間帯だった。肉眼には明確でないのだが、天空雲上での太陽高度と雲の動きにより色温度は絶えず変動することがあり、5分前の列車への補正不足は、その5分後に補正過剰もあれば、まったく同じ天候に見えても色温度には大差の生ずることも多々あった。それこそ1分毎に色温度を計測し、フィルタホルダを差し込み式に替えて迅速対応するしかなかった。

写真は、第一広内トンネル入口側から続く12パーミルを上る9070列車。これはコダクロームでの撮影である。
これら、紫外線への反応や色温度変動に一定の耐性を持っていたのがコダクロームフィルムだった。エクタクロームの時代は、この使いたくても使えない難儀なフィルムと向き合った頃でもある。(この項続く)

オダッシュ山東側山麓の緩い傾斜地には、1947年に北海道立新得種畜場が置かれた。この緩斜面の大半を占めるその用地規模は実に広大で、この年に米軍の撮影した空中写真には、既に現在の新狩勝信号場付近にまで達する範囲に碁盤の眼状の農道が開かれているのが見て取れる。
狩勝新線は新狩勝トンネルから新得山トンネルまで、そこをほぼ360度回転する曲線を含む線形で通過して、旧線とはまた違ったスケール感を見せることになった。
かつては、ここを往く普通列車が信号場に停車して、新得からの足は確保できたのだが、そこからは、広大な用地の直線だけれど大きな起伏のある農道を延々と歩かねばならない撮影地であった。
無雪期はそれで良いにしても、初めての冬の季節には、そこをラッセルしての行動か線路歩きで到達可能な範囲での撮影を覚悟して信号場に降り立ったのだけれど、意外なことに全てではないにせよ、主要な農道は場内全域に渡り除雪されていたのである。信号場への往来に国鉄からの要請もあったのかも知れないが、それと無関係な区間も含まれていた。
これは後にも変わらず、おかげで信号場に下車出来なくなった後も、大方の位置には冬期間でも自動車でアクセス出来る。ここへは、新得のタクシーに「試験場の斜めガード」と告げれば連れて行ってくれた。

[Data] NikonF4s+AFNikkor180mm/F2.8ED 1/250@f5.6+1/2 Fuji CC5M filter PKR Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

1996年は、私が新得を離れてから8年後。それでもお写真から、懐かしい故郷の香りが感じられます。
このアングルからの景色に見覚えがあるというわけではないのですが、色合いや針葉樹の並びが、故郷を強く感じさせます。

ところで、新得駅に向かって新得山トンネルに入る手前、新得山スキー場入り口付近に、D51が鎮座しています。そのプレートは盗難防止(?)のために模造品と交換されています。
はたしてその本物は、かつて私の家に保管されていたのでした。
現在は別の方に引き継がれていると思いますが、個人の家ではなく、役場とかに保管すればよかったのに、と今思う次第です。(^-^;

  • 2013/04/22(月) 22:56:12 |
  • URL |
  • うめじろう #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

うめじろうさんのところは、国鉄関係ですか。
新得の保存機と云えば、D5195。屋根付きで大事にされている機関車ですよね。
1938年3月の汽車会社製、1次型の最終ロットの1両です。
国鉄からの貸し渡し先は新得町のはずですから、町からの委託で預かられたのでは。

  • 2013/04/23(火) 00:49:40 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

エクタクローム、コダクローム。

こんばんは。

私の常用カラーフィルムはコダクローム(P、はお値段高めだったのでKR)でしたが、
もとより緻密な使い分けなどしておらず、単に保存耐性がいいから、というだけで
盲目的に使っていたように思います。

言われてみれば色温度の変動の影響を受けないフィルムでしたね。夕日は赤く、暗くなれば蒼く、
を期待している身としてはもっと受けて欲しいのに、と思うところもありましたが。
後のベルビアなど見れば異次元のフィルムに見えたものです。

こうして解説いただくと、今更ながらハタと膝を叩く事が多く、懐かしいです。

  • 2013/04/24(水) 00:17:45 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: エクタクローム、コダクローム。

こんばんは。

入射光式露出計の光球を空に向けての測光値そのままで撮る、コダクロームの暮色撮影が好きでした。
LBでの補正無しでも、見たままの明るさ/色で撮れたものです。肉眼でも青味の感じられる闇はそれなりに。
保存性で云えば、おまけみたいなものですが、リバーサルの中ではゴミの付着し難いフィルムでもあります。
スキャニングでDigital ICEが使えませんから、(予期せぬとは云え)それはそれで有り難いことです。

実を云いますと、PKRとPKLの未開封パッケージを所持しています。
意図して持っていたのでは無く、使いそびれですが。
購入してからずっと冷凍保存なので乳剤は生きてるはず。あと10年したら自慢しようかなと.........。

  • 2013/04/24(水) 01:54:15 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/385-ad3bc164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad