"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白老 (室蘭本線) 2009

shiraoi_03-Edit.jpg

室蘭本線の東室蘭から苫小牧に至る沿線は、道内では希少な2次3次産業/人口の集積地域である。60年代の終わり頃には、どこまでも代り映えのしない海沿いの原野が続き、時折往き過ぎる街並を車窓に見たものだったが、今ここを特急列車で走れば、住宅に事業所や工場が視界に途切れること無く、並走する国道にはロードサイドの店舗が建ち並んでいる。
けれど、沿線の各自治体は、一人勝ちの苫小牧市を除き人口流出に悩み、そこの鉄道駅も利用者数を減らし続けているのである。

室蘭民報の報道によれば、白老町の住民基本台帳上の人口は、この2013年3月で1万9000人を割込んだと云う。1984年に2万4千人で最大人口を記録した後、主には自然減と思われる漸減傾向には在ったのだが、2003年の大昭和製紙の日本製紙への経営統合や2009年の旭化成関連の2工場の閉鎖による流出が大きい、と記事は伝える。
白老駅の乗車人員も、最大人口に近かった1981年度の960人は、1992年度の乗降客数で1588人(乗車人員ならそのほぼ半数と推定される)を経て、2005年には590人と記録されている。手元にデータは無いが、現在ならさらに減じていることだろう。
行政も手をこまねいたでなく、1989年度より石山地区に3箇所の工業団地を整備して企業誘致を進め、道央道の白老インターとの接続性も良いためか、或る程度に工場立地には成功している。けれど町内の雇用確保には貢献したにせよ、従業員および家族の他地域からの町内定住を促進するまでには至っていないのだろう。鉄道沿線からの通勤の多くは自家用車利用と思われ、白老駅の利用増加にも寄与してはいない。

この工業団地へのアプローチであり、道央道の白老インターチェンジと国道36号線を連絡する道道86号白老大滝線(1994年10月1日付にて731号から番号変更)の白老跨線橋は、その開通当時にロケハンしていて、そこからの俯瞰のコンテも持っていたのだけれど、電化区間でもありずっと後回しにしていたのである。
この跨線橋は近年での例によって、フェンスが線路直上部のみならず長区間に渡り設けられている。脚立を持ち歩かねばならなくなった所以である。しかも道路車線が狭隘な上に交通量も多く、三脚は立てられずに脚立に乗っての手持ち撮影となった。線路側には架線柱が連立しており、その間隙に重連の機関車を収められる立ち位置はピンポイントにならざるを得ない。背景や画角もそれに拘束されてしまうから、やはり電化区間は難儀である。

列車は、この第一白老川橋梁(137M)上の1列車<北斗星>。
ここでも、河川敷に生育する樹木は水路部の見えない程に放置され、冬枯れに相応しく思える。
背景になるのは、工業団地の食品加工業種の進出した一角らしい。

[Data] NikonF4s+COLOR-HELIAR 75mm/F2.5SL 1/500@f4+1/3 L39 filter Ektachrome Professional E100G [ISO160 / 0.5EV push] Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/370-f85d0475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。