"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

千歳 (千歳線) 1982

chitose_03-Edit.jpg

かつて線路中心線が直線であった千歳停車場の前後区間は、現在では苗穂方にはR1000の左曲線が、場内のR1000/1200の右回り曲線を経て沼ノ端方に再びR1600の左曲線が入る。
すなわち、北西方向から南東へ走る線路が停車場構内のみ、やや北東へ膨らむのである。云うまでもなく、ここの高架化にともなうものであり、地上の旧駅に在った貨物側線や機関車駐泊施設跡を高架駅用地に転用したために生じた線形である。何れの曲線も、ここでの高速運転には直線と同等の扱いにて支障しない。

千歳の地上旧駅は、駅本屋側乗降場の上り本線に島式乗降場に接していた中線と下り本線の2面3線で、その外側に下り1番線と陸上自衛隊東千歳駐屯地と航空自衛隊千歳基地への専用線を分岐していた関係での5線の貨物側線が続き、構内南端には機関車駐泊所を持っていた。急行列車の停車に対応した乗降場は長い有効長と記憶する。
火災に依る焼失を経て1954年に建築されたと云う駅本屋は、直線主体の近代的デザインが好ましい建物であった。そこは上野幌-北広島間に介在した急曲線と勾配に対する補機の解結駅だったから、改札をくぐれば苗穂機関区のC57あたりを目にすることが出来た。夏の強い日差しの中、石炭の煙の流れ来るホームで函館行き急行を待ったのを思い出す。これを目撃しておきながら1枚も撮っていないのは、些か悔やまれる。
当時に札幌の経済圏はここに及ばず、1968年10月改正ダイヤで始発から7時台までの札幌方面行き普通列車は僅か3本が設定されるに過ぎない。1978年10月改正に至っても、それは5本を数えるのみであった。

高架新駅は旧下り1番線に隣接して建設され、その着工は1978年8月のことである。現在の駅前広場は、1980年7月10日の新駅移転後に撤去された旧駅本屋の跡地であり、それと旧乗降場分が拡大されたことになる。
写真は、高架化された千歳を通過する4090列車。コキ/コキフ50000にて組成された特急貨物列車Bに指定の青函航送を経ての梅田行きである。
高架線に続く、軌道スラブを予想積雪線まで嵩上げして設置する閉床式貯雪構造は、同時期に設計の進められた東北新幹線をプロトタイプとしている。後方に苗穂方のR1000の左曲線が見える。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f5.6 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/354-4ea677eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad