"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

本輪西 (室蘭本線) 1998

motowanishi_01-Edit.jpg

1925年8月20日に長輪東線上の停車場として開駅した本輪西は、その後まもなくに隣接して建設の進められていた室蘭土地埋立株式会社による本輪西埠頭の第一期工事の竣工にともない、ここへの専用線を持つこととなった。それは岸壁における海陸連絡の臨港線であった。
続いて、本輪西川の旧河口付近を開削した貯木場へ駅本屋側の下り側線からの分岐線が設けられ、現在の港北町1丁目地内にLPガスの製造供給施設が集められると、これよりさらに分岐し本輪西川に架橋しての専用線が引き込まれた。
戦後の1956年12月には西側の埋立地に日本石油精製による室蘭製油所が操業を開始し、この際には列車の取扱増に対応して構内の拡張工事が行われ、現況の構内規模となっていた。
さらには、中卯埠頭に油槽所が設置されれば、これも本輪西川に架橋を要する専用線が上り側線群からの分岐にて敷設された。

この貨物輸送の拠点駅化は、室蘭湾内に面し室蘭対岸に位置するとなれば必然の展開であったが、近年の鉄道貨物輸送の衰退とそれを受けた1984年2月改正での国鉄自体の車扱輸送からの大幅な撤退により現JX日鉱日石エネルギー室蘭製油所関連を除く専用線を失い、中卯埠頭への一部が橋梁とともに名残を留めるのみである。
1980年5月15日付にて施行された北海道総局直轄管内室蘭本線の運営見直し時には現状を維持した体制も、この1984年2月改正を機に業務全てが日交観北海道支社(現北海道ジェイアールサービスネット)へと委託とされ、その後、1986年11月にこの区間にCTCが施行されると運転要員が引上げられ、製油所専用線へは本線機の入線により、ここでの構内作業も廃して構内掛の配置も無くなっていた。残る旅客フロント業務も1981年度に231人を数えた乗車人員が2008年度に33人まで減らして、2011年4月1日付にて業務委託を解除、以降には全くの無人駅である。
駅勢圏にあれだけ住宅街の存在しながらの利用実績は、やはりバスに敵わぬフリークエンシィの問題であろう。

写真は、本輪西を通過する1列車<北斗星1号>。
本輪西市街地を取り囲む丘陵の東端、国道が回り込む位置の斜面が改修され、そこにステップの付けられたのは90年代半ばくらいと記憶している。完成しつつあった白鳥大橋を背景にすべくそこを昇り、毎度のクマザサを掻き分けながら稜線を往って、ようやく視界の開けたところは小さな畑作地になっていた。何のことは無い、そこは古くから在る雇用促進住宅の裏手で、畑は住民達の家庭菜園らしいのだった。熊笹との格闘後だけに拍子抜けした覚えが在る。肝心の大橋背景の画角だけれど、全景では列車とスケールが違い過ぎて困ってしまった。

[Data] NikonF5+AT-X300AF Ⅱ 300mm/F2.8 1/125sec@f4 C-PL filter+Fuji LBA2filter Ektachrome Professional E100SW [ISO160 / 0.5EV push] Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/342-e7a4d999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad