"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北入江信号場-有珠 (室蘭本線) 2002

kita_irie.jpg

東海道/山陽本線の電化進展にともない余剰となったD52形蒸機の函館-東室蘭操車場間への転用は、ここでの貨物列車の1000トン牽引に際して、七飯からの下り専用線を含む駒ヶ岳山麓区間と噴火湾に落込む急峻な地形の静狩-洞爺間に介在する10パーミルの標準勾配での牽引力向上を意図してのことであった。DD51形内燃機に置替られてからも、当該区間での速度は大きく低下していたものである。

室蘭本線上には、これに加えて洞爺から有珠にかけても、短いけれども同様の勾配区間が存在する。7000から8000年前と推定される有珠山の山体崩壊による岩屑なだれの堆積物上を通過する区間である。
この、現在「善光寺岩屑なだれ」と通称されるそれは、成層火山であった有珠山の山頂直下の崩壊により、そこを要として扇状に噴火湾に達し、その西端は現在の虻田漁港付近に、東端ではエントモ岬に至った。この間の海岸線は堆積物による複雑な地形となり、後背には流山地形が続いている。入江川左岸には堆積物側端崖が生成時の状態で現存し、世界的にも希有な例と云う。学術的に断定はされていないようだが、エントモ岬から内陸への段丘崖もそれを思わせる。
洞爺から直進した室蘭本線は、堆積物側端崖を避け、10パーミル勾配に取り付きながら右へ迂回し、さらに左に回ってサミットに達し、周囲の小高い流山の間を直線的に抜けて洞爺側とは逆の曲線で有珠へと下る線路選定がなされている。サミット部には1945年と1994年の2度に渡り北入江信号場が設けられた。

写真は、R300からR360の反向曲線を有珠へと下る2051列車。
DF200がこの区間へ進出しつつあった頃で、この宮城野発着の高速貨物A列車は、比較的早い時期からそれの牽引となっていた。運行図表では、DD51の牽引列車に比して明らかにスジが立っていて、その性能差が見て取れたのだった。

ここは、2010年8月号「JTB時刻表」の表紙写真に起用されたのがきっかけと思われるのだが、最近には多くの撮影者を集めている。その位置は植生が踏みつけられて露頭と化す有様なのだけれど、以前からの写真屋の定番はこの畑作地縁からの画角であった。
90年代の初め頃だったろうか、農地の拡張整備に際して周縁部の樹木が伐採されて視界のとれるようになったのである。70年代半ばまでは、逆にこの背後に原野が広がっていて、そこからこの築堤を見上げた覚えがある。

農地の所有者に聞けば、そこを掘れば岩やら大石がゴロゴロ出ると云う。それは、旧有珠山を構成していた8000年の彼方からの安山岩である。

[Data] NikonF5+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f4 C-PL filter Ektachrome Professional E100GX [ISO160 / 0.5EV push] Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/326-f17b9b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。