"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上越信号場-奥白滝 (石北本線) 1977

oku_shirayaki_04-Edit.jpg

石北本線の上川-遠軽間は、北海道鉄道敷設法に依らず、道内幹線網の最後の区間として1930年代と云う遅い時期に開通している。それは、それまで池田からの網走本線、もしくは名寄から紋別を回る名寄本線/湧別線経由に頼っていた北見・網走方面の道央への短絡を目的に建設されたものである。
石狩と北見の往来を阻んでいた石北峠区間は、それゆえに元来人口の希薄な地域であり、現代ならば石勝線のごとくに信号場の連続にて通過したであろう。駅の設けられたのは、当時存在した開拓地への便を図ったものであり、それの消滅したり、或は鉄道以外の交通手段の登場すれば、停車場自体や客扱いの廃止は自明の理でもある。

それを理解しても、古い鉄道屋の眼には時刻表の当該ペイジを開いて、上川の隣駅の上白滝は衝撃に写る。CTC施行後の、そして定期貨物列車運行の撤廃以後の措置にて、天幕の廃止は避けれなかったものの、中越/上越/奥白滝の閉塞区間は維持されて、これらは信号場に戻ったものと見ることも出来る。けれど、かつての本屋が窓に板を打ち付けられて廃屋同然に朽ち往くのには虚無感の募るばかりだ。
興味を引くのは、この際には駅として存続した上白滝の存在である。列車運行も引き続き朝夕の2本のみに変わりない。早くに交換設備の撤去されて、その旧下り本線跡の自然に還り、残された乗降場も荒れるに任されたこの駅は、駅周辺に民家の残って潜在利用者と見なされた数家族が、おそらくは鉄道に頼らずとも済むであろう彼らが、その命運を握っている。それは無責任に過ぎる戯言と承知しているけれど、鉄道屋としては、一度その立場に立ってみたいとも思ってしまう。

写真は、名称は失念したが奥白滝から国道333号線を越えた先の短い隧道を抜ける16D<おおとり>である。
ポータルにまで積雪の付着して雪洞のように見える。
特急向け設備の重い車体にDMH17系列機関は、それでもフルノッチなのである。この25パーミル勾配を実にゆっくりとした速度で上って往った。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5 1/500sec@f4 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

こんにちは

現在上白滝駅の定期利用者・・・と言えるのかどうかわからないですが、
駅のそばに住んでいるご年配の方がお一人、たまにこの朝一夕一の往復に乗り降りされているんですよ
・・・・目的は・・・終点のマチへお仕事とパチンコだとか(?!)
その方の奥様が、ご主人がなんだかんだ使っているのだからと 駅の花壇の手入れを時おりされています

数年前はこのあたりに住んでいた高校生がひとり、定期利用していました 
いま駅の目の前の家の子どもたちがまた地元高校に通うなら…
中学生と小学生だから…まだ、駅、大丈夫かしら(汗) 
でもその子たちの上のきょうだいは地元以外に進学し家を出ましたし・・・安泰ではないですね
どちらにしても、地元に仕事のあてがない以上はその子たちが卒業後の利用者はもういなくなるでしょう

上白滝地区と言わずムラの子どもたちの数は年々減り続けていて
子どもの数が減ると 私のダンナ含む教師の学校配置数も減り、
私たち一家もムラを去る時が、遠くなくじわじわきているのを感じています

  • 2013/01/29(火) 09:46:45 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんわ。

詳細なご報告(?)、ありがとうございます。
あの1往復列車の上白滝利用者が実際においでとは思いませんでした。
自分専用駅ってのも悪くないですねぇ。

実は、以前に遠軽を訪れた際、上白滝-白滝間の通勤定期券一ヶ月を¥6790を叩いて購入したことがあります。
もちろんコレクション目的なのですが、
少なくとも有効の一ヶ月間、これを持っているのは日本全国自分だけ、みたいな優越感もありまして・・・。
ところが、聞いてみたら知り合いもそれをやっていて、
もしかしたら、ここの「潜在利用者」って断続的に全国に存在しているのかも知れません。

  • 2013/01/29(火) 23:07:25 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/318-cdddfdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。