"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常紋信号場 (石北本線) 1983

jomon_12-Edit.jpg

あまりにも間の空き過ぎてしまったけれど、石北本線の継子特急<オホーツク>の続編である。→常紋信号場-金華 (石北本線) 1982

現在、札幌-網走間に定期運転の優等列車は<オホーツク>の4往復が全てである。この区間での昼行優等列車の4往復設定は、函館や釧路発着を含めて、函館-網走間急行<オホーツク>がキハ80系の投入により特急<おおとり>に格上げされ、それにて捻出のキハ56/27にて札幌-網走間に急行<オホーツク>が増発された1964年10月1日改正のことで、実に以来50年間に渡り不変である。相互発の朝から午前に2本に、昼から夕方に2本と云う列車配列も変わらず、設定時間帯もほぼ同様である。即ち、この間の石北線利用動向は列車新設/増発を誘発するに至らぬばかりか、旭川-網走間の線内急行に旭川-遠軽-興部や名寄-遠軽-網走の支線区直通急行は廃止され、一日に4回の利用チャンスのみが辛うじて維持されたと見て良かろう。

とは云え、これは札幌-稚内間に比しても然程に事情の異なるでは無く、寧ろ1972年10月改正での<おおとり>と逆時間帯にあたる1往復列車の格上げによるサーヴィス向上(特急<オホーツク>の始まりである)は札幌発着特急の最初の事例であり、1982年10月のキハ183系投入も<北斗>系統に先駆けたものであった。
では、その継子扱いは、いつに始まったものなのか。183系気動車の使用方に大きな変動の在った1985年3月改正に、それと思われる事象が現れていた。特急列車の短編成化とそれによる捻出分にて増発の行われたこの改正では、特別車(グリーン車)の不足に量産試作のキハ184-901をキロ184-901とする改造の施工されたのだが、電源装備を撤去したものの走行機関を種車から流用した関係にて、それはキロ182-0(900)番台車に対して半分の出力に留め置かれた。当然に査定勾配における均衡速度の低下するこれの組成編成には限定運用を要して、選定されたのが札幌運転区の<オホーツク>運用であった。もっとも、この当時の<オホーツク>はキハ80系で残った<おおとり>との到達時分差の拡大を避けて速度をそれに合わせており、現況に影響しない運用を選定した結果ではあろうが、それはキハ80系定期運用の終了し183系の性能による速度に向上した86年11月改正以降も、1往復の運用にキロ184の機関が換装される89年3月改正まで続くのである。

これは国鉄当局が1980年代前半には、将来の並行する自動車専用高規格道路の開通を既定事実と認識し、線形の悪い山岳区間を二箇所抱える石北線のそれに対抗する改良を、とっくに放棄していたゆえであろうし、北海道旅客鉄道も認識を継承して経営資源を函館と釧路方面に集中するのである。86年11月改正で導入の新車、183系500/1500番台車も当初には広く各方面に運用されていたのだが、94年3月改正までに<オホーツク>運用からは撤退し、以来永くに老朽化の進む同 0番台とその改造車が貼り付き続けることになった。(現在には、その老朽廃車により遠軽方先頭車に1500番台が復帰している)

現在に石北線の石北トンネル区間は<オホーツク>運行のために存在するとして過言では無い。それの2010年に丸瀬布までの繋がった旭川紋別自動車道を経由する都市間バスとの所要時分差は遠軽・北見で僅か20分程である。2016年度にそれが瀬戸瀬までの11.2キロの開通すれば、さらに縮まることは目に見えている。その先、遠軽豊里ICまでの延伸は時期未定ではあるものの、その際には利用をバスへと誘導して少なくとも上川-白滝間を廃止したいのが北海道旅客鉄道の本音だろう。貨物の季節運行の存続するならば釧網線で釧路へ送れる。

雪の線路を音も無く滑り降りて往く31D<オホーツク1号>。後追いである。
特急らしいキハ183系の9両編成は当時に10両所定だった<北斗><おおぞら>に引けを取らない。キハ80系の7両組成からの置替は実質普通車3両分の増強になっていた。その意図はわからないが、この特急には些か輸送力過剰だったように思える。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/250sec@f4 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは

結婚前 いろいろの打ち合わせのために札幌から網走までオホーツクの寝台車(女性専用寝台スペースが在った)に乗り、網走から斜里まで向かう朝一の汽車に乗り、斜里からバスでいまのダンナになるヒトの住むウトロまで行きましたが まあキツカッタこと
何がきつかったって、私はバスが大の苦手で車の運転も苦手で・・・ごくたまに網走から札幌までの帰省に高速バスに乗ったこともありましたが これもまたきつく高速バスのクオリティもひどいものでした

私たちのような場所に住んでいる者がやっかいな病気になったり大きな買い物するときは主に時間見計らうことのない自家用車で旭川か北見に向かいますが 自分でも運転できないようなひどい時はきしゃを使います 
地方からの受診者の時間優遇が旭川あたりの病院にはありますので安心してきしゃに乗れます
白滝にも網走北見遠軽札幌を行き来する高速バスは停まりますがバスの中にほとんど乗客を目にしません 
オホーツクはどの便もけっこう乗客を目にしますし意外と白滝からも乗客乗るんですけれど・・・そういう田舎の事情なんていらないんでしょうね
北の鉄道会社の事情も 田舎にはいまや思い出と同じく遠いヒトごとの話です 

この親しいスラントノーズももうすぐなくなるとか いろいろなくなっていきますね

  • 2014/06/10(火) 09:21:01 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

<オホーツク>にとっての幸は、遠軽から北見に高規格道路の建設予定の無いこと、
北見・網走へ最短となる北海道横断自動車道(道東自動車道)黒松内端野線の一部区間の当面の計画凍結でしょうか。
それでも、2016年には足寄と小利別間を除いて北見までつながりそうです。
北海道旅客鉄道はその後をどう見ているものか。
軌道強化などの投資は考えられませんが、多少なりとも到達時分を短縮するキハ261系を投入するか、
はたまた座視して安楽死を待つものか、注視して往きたいと思います。
石勝線で札幌と短絡した帯広には、北海道会社も多くの投資を実行しましたけれど、
ほぼ同規模の北見は駅の求心力が低下し、中心の拡散した輪郭のぼやけた都市になりつつあると思えてなりません。
ちなみに私もバスは苦手で、スケジュール上に夜行移動が必須の道北・道東には、あまり足を踏み入れなくなってしまいました。

  • 2014/06/11(水) 02:41:39 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/298-dc0f9c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。