"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美馬牛 (富良野線) 1977

bibaushi-Edit.jpg

蒸機末期の富良野線には、9600の牽く貨物列車3往復(内1往復は夜間)が設定されていたけれど、道央の地味な線区とあって、これは撮らずに終わってしまった。
この線へ向かうのは1970年代も後半になってからで、富良野を舞台としたテレビシリーズの放映開始前にて、まだまだ静かな沿線であった。当時は情報も少なく、車窓からのロケハンでは、富良野盆地の田園地帯に直線区間の続く中富良野付近や、線路両側の防雪林が美しい美馬牛周辺が印象に残っていた。

美馬牛は、施工基面高が283M50で富良野線のサミット付近に位置して、富良野方に19.6パーミル、旭川方に20.0パーミルの標準勾配がある。(後年に高名となる、高低差は30メートル近くに達する「すり鉢」状の縦断面線形は、サミットから旭川方へ28.6パーミルで下った富良野起点25K757Mにその底部が所在する)
この付近は、その勾配に延々と続く防雪林で車窓から山間を往くような感覚だったのだが、下車してみると小さな集落のある駅前も開けていて、実際には緩やかに起伏する丘陵地でその外側は酪農/畑作地帯と知った。
この防雪林と周辺に見える山々を背景にコンテを考えていたものの、その区間は意外な程に足場がなく、それは用地確保のために起伏地を造成したであろう駅付近に見いだせた。駅場内は丘となった造成前の元地形の樹林帯に囲まれるように存在していたのである。

写真は、ここを発車しようとしている633D旭川行き。上下乗降場の連絡通路からの撮影で左後方に上り乗降場が在る。昼過ぎのカットだが、冬の低い太陽が強烈な逆光線となって早朝のようなイメージだった。

道内向けのキハ40は、この年の春に旭川機関区に10両、苗穂機関区に6両が配置されたのみの最新鋭車であり、旭川区配置車は、ほぼ富良野線運用に専用されていた。この時点では、キハ47を含めても全国に32両のみの稀少車でもあった。その首都圏色と呼ばれた朱5号の単色塗色が新鮮だったものの、未だ首都圏区所への配置は無くて、全国への大量増備の開始されるのは78年夏以降である。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.8 1/500sec@f8 Y52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.

関連記事

コメント

美馬牛

こんばんは。

そうですか・・・。すり鉢の底は30mの深さでしたか。

ついこの間行ったばかりなので興味深く読ませていただきました。

いつもながらの博識ぶりに感心しております。

美馬牛はこの当時の駅舎が残っていますが、真夏なのにクリスマスリースがついて、

相変わらず変な演出が玉にキズです。

  • 2012/10/06(土) 01:54:52 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 美馬牛

こんばんは。

ここの「すり鉢」線形を撮ったことはありません。
当時は、標津線の光進をサミットにした下り方の「すり鉢」線形の方が
良く知られていました。
調べてみると、こちらは高低差16メートルで15パーミル勾配でしたから、
美馬牛の方が、遥かにジェットコースターですね。

  • 2012/10/07(日) 02:18:24 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/242-4b516dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。