"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

[番外編 9] 青函連絡船 1983

hakodate_04-Edit.jpg

青函連絡船を続ける。[番外編 8] 青函連絡船 1985の続きである。

下船の実際
混雑期ではなくとも着岸30分前程になると、乗(下)船口広間には行列ができ始める。時刻表に記載の到着時刻とは着岸してタラップが架けられ、下船口の開く時刻であるから、その30分前ともなれば、船は減速して、まもなく港の防波堤を交わす位置まで接近しつつある。函館ならば函館山を眼前に見るゆえ、接続列車の座席確保に気が急くのである。
青森なら倉庫群の林立する民間岸壁を、函館なら運転所の前海を回り込むように岸壁前に達した連絡船は、バウスラスターを駆動させて回頭し、後退しつつ補助汽船に推進されて着岸する。この時にはやや衝撃があって、それと知る事が出来た。
桟橋側からハネ上げられていた屋根付きのタラップが降下して接続され、安全柵の設置が確認されると、航海中は締切られていた扉が開かれ、広間の行列は一斉に走り出す。高名な桟橋マラソンである。特急列車に自由席が設置された以降の函館なら、それのゴールは遥か編成の旭川方であった。青森/函館とも一岸への着岸であればまだ良いが、二岸となれば船の全長分、132メートルをまるまる余計に走らされることになる。
この下船開始のタイミングも特別船室側が早かった。階上で階段を降りねばならぬ位置関係による配慮と思われ、これを知る者は普通船室旅客でも特別船室の広間に行列したのだった。

船内食堂
普通船室であった船楼甲板右舷中央部付近に食堂が設けられており、日本食堂が運営していた。
ここでのメニュー等についてはWeb上にも記述が多く、ここでは触れない。
広い船内であるから、その造作や雰囲気は陸上での、例えば青森駅での同社食堂と大差はない。唯一異なるのは、舷側に窓が開口しており、その窓際席からは海面を間近に航行する波飛沫を見ることであった。
この津軽丸(2代)型近代化船で、ここを利用した最も古い記憶は1965年のことで、松前丸の就航間もない頃である。この当時は、列車食堂がそうであったように、町食堂と云うよりレストランが正しく、一種近づき難い雰囲気も存在していたものである。それに店名(愛称名)などは無く、あくまで「◯◯丸船内食堂」であった。
これが70年代に入ると押し寄せる乗客に大衆化が進んでカジュアルな空間となって往き、「グリル◯◯」(◯◯は船名)の名称の付与されたのもこの頃である。食堂側の人手不足もあって、オーダーは食券方式に改められ、それの自動券売機が導入されていた。その食券は、B型乗車券サイズで白地に黒インキでオーダ名が印字されるのみの味気ないもので、価格表示すら無かった。
80年前後となると、乗客の減少とともに利用も低下したものと思われ「サロン海峡」として喫茶関連が分離されたことも手伝ってか、券売機は深夜便での「海峡ラーメン」営業のみとなり、再び退店時のレジでの清算方式に戻された。そのレシートは「グリル◯◯」の名が入り、メニュー名と価格がドット文字で印字の、当時の新幹線食堂車と同様のものであった。「サロン海峡」の高級感に対して大衆食堂らしいイメージが継承していたけれど、この頃メニューの価格だけは高級となっていたのだった。

指定席特急券の一ヶ月と一日前発売
連絡船と直接には関わりのない余談ではあるが、これにも触れておきたい。
国有鉄道より承継し、現在は鉄道情報システムが運営管理する旅客販売総合システム(通称マルスシステム)による指定券類の発売開始日が、一ヶ月前の同日午前10時からであることはご承知の事と思う。連絡船の時代を知る方なら、これには例外が存在し、青函連絡船の深夜便から接続する列車については、さらにその一日前から発売されていたこともご記憶であろう。勿論、深夜便を介した前後の列車を先乗列車の発売日に同時発売を可能とする旅客サーヴィス上に不可欠な事項であると同時に、道内列車が乗り継ぎ割引の対象でもあって発券処理上からも所要の措置なのである。
これ自体は古くから在る扱いで、知る限りでは、台帳管理による発券時代に深夜便を介した<はつかり><おおぞら>特急券の通し発売に適用されていたし、より以前の<みちのく><大雪>の時代でも行われていたはずである。
指定席券類の発売開始が7日前や14日前であった頃には、深夜便接続列車ばかりでなく上野/大阪発や札幌発の夜行列車から接続となる列車(当然連絡船は昼行便)も適用対象であったのだが、後年には、青函旅客の利用減少とともに引き続き需要の在った深夜便からの接続列車に限るよう改められた。
ところで、これはマルスのプログラム上で先乗/後乗列車の同時発券が条件とされていた訳ではなく、後乗列車を単独でも購入出来たのである。例えば、青森からの<はつかり1号>の一定の座席数は、道内列車と無関係に一ヶ月と一日前から発売されていた。
さて、連絡船の廃止とともに時刻表の営業案内から抹消されたこの扱いだけれど、実は今現在も生き続けていて、上り<はまなす>から接続となる新青森発の<はやぶさ4号>と<はやて14号>に、(近隣の横浜線相模原駅みどりの窓口担当氏によれば)「ほんの数席」だけ一ヶ月と一日前発売の座席が用意されているそうである。やはり、マルス上は<はまなす>との同時発券の条件設定はなされていないのだが、窓口でそれを条件とするよう通達/指導が存在するとのことだった。

写真は、暮色に包まれる函館駅構内。テルファーの向こうに連絡船のマストが見える。やはり、この光景が在ってこその函館と思う。
二岸に在るのは、夜目でも白く映えるマストの摩周丸、24便として出航準備中である。
3番ホーム在線の列車は、札幌からの12D<北海2号>。まもなく、4番ホームには6D<おおとり>も到着する。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4 1/60sec@f1.4 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

連絡船

こんばんは。

連絡船シリーズ懐かしく、記憶の糸を手繰りながら読ませていただきました。

連絡船、都合2往復半乗りましたが、旅慣れてるとは言えず、連絡船の「作法」はとんと分からず。

「桟橋マラソン」は皆何を急いでいるんだろうと、平然と見送っていました。

テルハとマスト。今となっては心に沁みる様な、北海道の玄関の風景ですね。

  • 2012/09/20(木) 23:29:19 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 連絡船

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

写真屋は、重い機材を抱えて走るものですから、圧倒的に不利でした。
特別船室側のやや後方からスタートして、
団子状の先頭集団がややバラけたあたりのスキをねらって、
ホームに降りたところで追い抜く、てのがお作法でした。

  • 2012/09/22(土) 10:56:45 |
  • URL |
  • wondergraphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/228-e3728349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad