"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上越信号場-奥白滝 (石北本線) 1979

oku_shirataki_03-Edit.jpg

モノクロで撮影していた1996年までの間で、この石北峠の白滝側の区間へは、1977年と79年それぞれの冬の2回の訪問だけで終わっている。
奥白滝を基点に石北トンネル出口までの4キロ余りと上白滝へも歩いたけれど、トンネル側はあまりに山深くて足場が無く、上白滝方も勾配は同様に25パーミルが連続しているのだけれど、上白滝から直線的に斜面に取り付く区間で些か開放感はあっても、やはり足場になりそうな斜面や丘は見当たらず、線路端からの撮影になってしまうのは変わらなかった。唯一とも言えたのは上白滝近くの国道333号線の跨線橋くらいであった。

その後も、日中にここを通ることが在れば、車窓からポイントを探したのだけれど、いつしか敬遠した区間になってしまい、それ以来の撮影は旧白滝から丸瀬布、瀬戸瀬あたりばかりだった。

さて、写真は新旭川起点72キロ付近での混527列車である。
背景の西空と針葉樹に惹かれて意図的に後追いをしている。ファインダに現れたのは客車2両にヨ8000が従うだけの編成であった。けれど、これは貨物財源が無いゆえの車掌車のみの組成ではない。この区間の混合列車は貨物車前位を定位としていた。
後に確認したのだが、この車掌車は荷物車の代用だったのである。この日、旭川客貨車区で所定のスハニ62に不具合を生じたものの、3両配置の同形はもとよりスユニ/スニ60にも予備車がなく、急遽ヨ8000を連結したものらしい。そのせいか、1時間程遅延しての運転ではあった。
混合列車で引かれたスジを走る、「運用からは混合になっていないはずの事実上の混合列車」と言う、何やらややこしいことになっていた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.8 1/250sec@f8 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/211-e12820fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。