"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩谷 (函館本線) 1983

shioya_03-Edit.jpg

臼谷 (羽幌線) 1969から続く。

海水浴臨時列車を続ける。

蘭島海水浴場への送客/迎客の臨時列車運行は、1900年代初頭のそれの開設当時より記録があるらしい。
知る限りの近年においては、札幌方面との余市着発の設定で、気動車編成によるものもあったが主には客車列車であり、古くは札幌運転区や岩見沢客車区の在来型客車の予備車や運用間合を活用して設定されていた。これに<らんしま号>の愛称が付与されたのは、70年代後半のことではないかと思われる。

1978年度から岩見沢客貨車区に投入されていたオハ51/オハフ51による運用は、同区へ増備後の81年のシーズンからとなり、予備車の捻出はならず定期列車の小樽-余市間を延長しての設定であった。札幌近郊区間の通勤通学輸送には、ED76の牽引にて8から9両編成が見られたけれど、DD51機の牽く非電化区間での長大編成は、この<らんしま号>ならではであった。
惜しむらくは、定期列車の延長ゆえか小樽以北のED76は勿論、延長区間のDD51にもヘッドマークの掲出はなかったことである。駅の掲示や車内放送では<らんしま号>と案内していたけれど、時刻表の記載は延長運転のみであり、正規の(?)<らんしま号>ではなかったのかも知れない。

写真は、塩谷場内に進入する9824列車。これも岩見沢から小樽への824列車を区間延長したものである。岩見沢客貨車区の[札32][札33]の併結運用だが、10両組成は定期運用にはなく、どちらかの運用に事前に増結していたものであろう。
この編成は、余市に留置されるでなく夕刻の運用に向けて小樽へ引き抜かれていた。海水浴客の引上げ輸送には、客車編成とは限らぬが、また別の運用間合いにある編成が送り込まれるのである。
塩谷下り本線で待機するのは、長万部からの135列車。こちらも[札32]による4両編成である。[札32]は4組使用の運用につき、こういうこともある。

[Data] NikonF3HP+AiNikkor180mm/F2.8S 1/250sec@f11 Fuji SC56filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

こんばんわ。

先日、塩谷&蘭島あたりを巡ってきました。

こちらの塩谷駅を俯瞰する場所は
行けるのかなぁと思いながら
車を走らせましたが、
道路のオーバークロスの存在感が
大きすぎてあきらめました…。

過去の雑誌も見ながら
蘭島を出たあとの大カーブが
いいなぁと思っていました。

あと、質問になってしまい恐縮ではございますが
塩谷の海岸を左に置いて
線路を下に望める場所というのは
駅裏の東方からの山道を登って行くのでしょうか?

もし、ご存知でしたら この場で差支えなければ
ご教授いただきたきたいと思いましてm(_ _)m

  • 2012/08/26(日) 17:57:45 |
  • URL |
  • An #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

恵美須岩に始まるシリーズは拝見させていただいています。
さらに、塩谷から蘭島と回られたのですね。

> こちらの塩谷駅を俯瞰する場所は

このポイント自体が小樽環状線そのものの用地として切り崩されてしまいました。
ですから、同位置に立つことはもはや叶いません。

> 塩谷の海岸を左に置いて
> 線路を下に望める場所というのは

立岩の岬までの忍路湾を俯瞰する画角のことでしょうか。函館本線をほぼサイドに望むポイントですね。
ここは、<ていね><ニセコ>をC62重連が牽いていた頃の定番でした。
当時は果樹園の広がる斜面で見通しも効いたのですが、70年代の末には耕作が放棄されてしまい、
まもなく野に還りました。現在では樹木の斜面となっているはずです。
最近に伐採でもあって、再び俯瞰の効くようになったのですか。
ならば、駅裏の斜面の農道でも到達出来ると思われます。
当時は大抵の場合、線路際から直登していましたけれど。

あまりお役に立てず申し訳ありません。


  • 2012/08/27(月) 00:19:13 |
  • URL |
  • wondergraphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/190-83ea260d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。