"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

西中 (富良野線) 1976

075-04_ES-Edit.jpg

近頃、旅をしていて食事に困ることが多くなった。

早朝に夜行で到着するか、まだ暗い内に宿を出て撮影行動に入り、日暮れまで人里離れた辺鄙な場所で過ごして、そして翌日の行動のために移動するか、もしくは現地に泊まる。
これを毎日繰り返していたのが、北海道の撮影行だった。
まる一日重い機材と行動しているから、余計な歩きはしたくない、すなわち駅からは離れたくないのである。したがって、食事は、駅弁屋か構内営業の立食いそば、せいぜい駅前の食堂が頼りであった。

ここ10年くらいだろうか、このセオリーが通じなくなったのだ。
駅弁売店やそば屋は、札幌行き最終の特急発車までの営業。それの出て行った駅は閑散とし、駅前の食堂とて午後6時ともなれば店仕舞してしまう。
道内夜行も、末期には始発駅で乗車しない限り「朝までエサなし」を覚悟せねばならなかった。
かっては、その停車駅、岩見沢や旭川は勿論のこと、深夜の富良野、帯広、遠軽などでも駅弁の立ち売りがあり、駅そばスタンドも営業していたものだ。駅前でも、連絡船やフェリィの接続する函館や稚内に限らず、釧路や北見でも夜行の到着に合わせて開店する多くの食堂があった。
それだけ、鉄道での長距離移動、まして夜行でという旅客がいなくなった訳だ。

富良野の乗降場にはタイル貼りで円筒形の駅弁販売所があって、深夜でも売り子が詰めており、特にしばれる冬場には、赤々としたストーブの上の蒸篭で蒸した暖かい弁当を提供していた。

写真は、西中から中富良野方向の雪原の夕暮れ。
夏には水田の広がるだけの平野だが、冬ならば「絵」になる。後年観光地化するラベンダ畑は、画角外右手の丘陵地にあたる。
持参の水筒の水がしっかり凍り付いてしまうほど寒い夕刻だった。
帰り着いた富良野で購入した幕の内弁当の暖かかったことを、よく覚えている。
列車は、655D富良野行き。

[Data] NikonF2+Nikkor35mm/F2 1/125sec@f5.6 Tri-X(ISO320)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/18-f232864f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad