"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

白老 (室蘭本線) 1966



約130年前、この鉄道が計画された頃のこと。
北海道はどこでもそうなのだろうが、ここ一帯も果てしない原野だったに違いない。加えて、海岸線がゆえの平坦な原野がどこまでも続いていたはずだ。
依って、当時の鉄道技術者は大胆な直線で鉄路を設計した。鉄道として最も合理的かつ理想的な線形が実現出来るのだから当然のことだ。
かくて、室蘭本線は、虎杖浜手前の97K500M付近のR490曲線から早来の岩見沢方159K付近のR891曲線まで、実に62キロ近い区間を、白老の先のR1600、沼ノ端を過ぎたところのR1750を除けば全て直線という平面線形で敷設されたのである。R1600もR1750も速度制限はなく、運転上は直線と同等である。
特に、この白老と沼ノ端付近の両曲線間、28.7キロは鉄道での日本国内における最長直線区間として高名だ。もちろん、これは測量中心線上のデータであり、駅の前後やその構内には用地上の制約などに関連する曲線が存在する。
各駅の施工基面高も苫小牧までは4から6メートルを維持し、勾配も少ないことと合わせれば、極めて特異な区間であろう。

この特異な線形を生かし、石炭輸送全盛期には、石炭を満載した上り貨物列車でD51型蒸機1両による、蒸気機関車としては異例の2400t牽引が行われた。30t積石炭車で75から80両、列車長で550メートルを越える長大編成。夕張方面のヤマ線区間では下り勾配を逆手に取った、これまた特異な運転方法であった。
そして、現代では、281/283系気動車が函札間で100kmを越える表定速度を実現しているのも、この線形が寄与している。

この最長直線区間を俯瞰出来ないものかと、白老付近の丘陵地を縫う小道に分け入って撮影した。氷点下の気温ながら無風の穏やかな朝だった。
列車は長万部行きの224列車。速度の出せる区間なので、白老が近いにもかかわらず力行している。後方に漂う黒煙は、この列車の社台発車時のもの。
数年後、同じ地点に立つべく再訪したが、樹木が成長し、それは叶わなかった。

[Data] NikomatFT+AutoNikkor135mm/F3.5 1/500sec@f5.6 Y48filter NeopanSSS Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/16-d3b11d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad