"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥白滝 (石北本線) 1979

oku_shirataki_02-Edit.jpg

(*)国鉄に於けるCTCは、1958年5月20日使用開始の伊東線来宮-伊東間を嚆矢としている。ここでの試用をフィードバックして1962年には横浜線東神奈川-八王子間への導入がなされた。
この2線での施行は、当時の国鉄が列車回数の多い単線線区(横浜線は単線区間が大半であった)での運転制御の一元化をCTCの導入目的としていたと見て取れる。この時点では、純粋に駅扱いでは限界に達しつつあった運転上の煩瑣解消を事由としていたのである。両線とも、これにて要員の撤収の行われた駅は無い。
ところが、国鉄は気づいてしまうのだった。これをルーラルな線区に適用すれば、線区自体の経営改善、即ち要員を含めた線区全体の合理化が可能ではないのか、と。
これの試行線区として選択されたのが1967年導入の土讃本線多度津-高知間であり、翌68年と69年に無煙化も含めて本格的に施行された高山本線岐阜-富山間全線であった。
その成功により、以後国鉄はCTCを合理化の道具として全国的に推進して行くことになる。

石北本線への導入の情報を得たのは78年の暮れのことだった。CTC施行に先駆けては(*2)自動閉塞化がなされるはずであり、年明けに予定していた渡道に通票閉塞の石北線の記録を組み込むことにした。選んだのは常紋信号場に奥白滝である。
奥白滝への再訪は前回の失敗に学んで、今度こそ遠軽からの始発列車を利用した。奥白滝 (石北本線) 1977
ここの選択は、その節には運転要員の撤収ばかりでなく信号場への格下げも予想され、冬期には積雪で鉄路以外は外界から途絶されることの記録をも目論んだものだった。

積雪地域では、それに対応して第三種機械連動による転てつ器梃子から腕木式信号機や転てつ器に渡るワイヤは空中に架設され、構内に一種の賑やかな印象を与えていた。梃子の操作でそれはカランコロンと音たてる。
加えて、この駅は上り本線から遠軽方に進出が可能な信号設備となっていて、そのワイヤも渡っていた。
余談だが、これは75年3月の改正ダイヤまで朝方に当駅にて折返しとなる遠軽行きが設定されていたためで、官舎で暮らす職員家族の便を図ってのものと聞いた。78年10月改正にて白滝折返しに改められている。

写真は、速度を落として通過する31D<オホーツク>。
転てつ器梃子のある駅本屋が非自動化区間の運転扱い駅の証である。乗降客のいないにもかかわらず除雪の行き届いた乗降場は「駅」の矜持だろうか。画角外では当務駅長がタブレットの授受を見守っている。

石北本線は1983年1月10日に、その全線で一斉にCTC制御に移行した。遠軽/北見/網走の三駅を運転扱い駅(CTC非連動駅)に残し、28駅を旭川鉄道管理局舎内に置いた制御所からの被制御駅としたものであった。
奥白滝は同日付にて要員無配置となったものの、以来20年近くを「駅」で在り続けた。

(*1)国鉄に於けるCTC - 高速高頻度運転線区である新幹線での施行は、その運行に不可欠の設備であり、在来線とは事由を異にする。
(*2)自動閉塞化 - 石北本線では、その列車回数から駅間を1閉塞区間に固定する自動閉塞(特殊)方式が採用された。特殊自動閉塞とは異なる。

*参考文献-国鉄におけるCTCの取扱いと設備 1986 日本鉄道図書

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.4 1/500sec@f8 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

こんにちは

息をのんで拝見しました
今の奥白滝の駅舎を重ねながら・・・

あそこの改札のパイプはまだ今もあります、転轍器は撤去されそこはアリの巣だらけです
官舎は土台が残ってます、駅の後ろの桜はもう老木ですが今年も花をつけました
いまも冬になると作業員の方が中に入ってストーブが付けられ、軒下につらら、煙突から煙の風景は見られます・・・・
後ろの山は 何一つ変わらずそこにあるのにヒトがだれ一人住んでいない今の奥白滝の 
冬の暖かさがあった時代に じーんとしました

  • 2012/06/06(水) 08:36:21 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。

そうですか。本屋は今では保線詰所代わりな訳ですか。
ただ、その内部にはCTCの現場扱い用の補助制御盤が設置されているはずで、ここが信号場である限りは
必要な機器ですので、替わりの建屋を設置しなければ取り壊せません。

77年の訪問の際、タクシーを降ろされた国道のところに農家が一軒在ったように記憶していますが、
それも離農されてしまったのでしょうね。
桜の写真はブログで拝見しました。そこに駅前広場のあった証ですね。

  • 2012/06/07(木) 00:41:59 |
  • URL |
  • wondergraphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/159-061f1caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。