"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

呼人-網走(石北本線) 1969



網走市街の西側に位置する網走湖は、それ自体には然したる特徴の無い風景が続く。地元においても観光資源としての認識は希薄と思われ、むしろ、それは周辺湿地帯の植物群落にあるようだ。
女満別以遠の石北本線は網走湖の東側を北上し、湖水に大きく迫り出した呼人半島付近では湖水線を正確にトレースするような線形を描く。
しかしながら、この区間で湖水と列車を取り込んでの撮影は、なかなかに困難だ。全区間で国道39号線が湖側を並走しているのに加え、両者を印象的にフレーミング出来る足場がほとんどないのである。
73年の再訪で、線路側に何とか取り付けそうな斜面を見いだし、苦労して登坂したものの、やはり国道のアスファルト舗装がなんとも邪魔であった。

85年頃のこと、都内で入手した観光パンフレットに、この湖面の俯瞰写真が掲載されており、仔細に見てみると湖岸に鉄道線路が確認出来た。ぜひとも、この地点に立ちたいものと、網走市の観光課や観光協会に問い合わせるも要領を得ず、最後には、ありがたいことに観光課のひとりの職員の方がご自分の休日を返上して探してくださった。
で、その結果だが、「地上ではない」らしいのだ。地上でないとは、すなわち、「ヘリからの空撮と思われる」との返答であった。
くやしいが、飛び道具は使えない。

写真は、早朝からロケハンするも良い撮影地点がみつからず、湖面をあきらめて足場優先で撮影したもの。
<大雪6号>崩れの1527列車である。
夏期繁忙期輸送に対応してオハネ12が1両増結されており、北見回転の普通車も2両に増強のはずだから、急行区間の札幌-北見間では13両の長大編成だった。隔世の感がある。

[Data] Nikon F+Nikkor5cm/F1.4 1/250sec@f5.6 Y48filter NeopanSSS(ISO200)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/11-5956b1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad