"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜頓別 (天北線) 1985

hamatonbetsu-Edit.jpg

ニッコールの105mmは、今でも装着頻度の高い画角だ。
それまでは中望遠と言えばご多分に漏れず135mmを使っていたのだけれど、画角の小さ過ぎると感ずるケースが多々在って、ものは試しとカタログで眺めていた105mmを導入したのだった。71年のことと記憶している。

画角のみを購入動機とした Auto Nikkor105mmF2.5 だが、予想のとおり肉眼での視感覚にしっくりと馴染んだ以上に、そのカリっとしたシャープな描写と柔らかなボケ味に驚かされるレンズだった。ディストーションも非常に良く補正されており、周辺光量の低下もほとんどなかった。なにより50mmF2で悩まされたコマ収差の補正も良好で、夜景など点光源を画角周辺に配しても安心して使えた。貧乏学生であった当時でもすんなりと手に入れられる価格にも拘らずである。
ニコン社の技術力に触れた思いがし、たまたま父親の資産を受け継いだだけだったそのシステムに信頼を寄せるようになったきっかけと思っている。
このレンズについては、ニコン社自身による“ニッコール千夜一夜物語”に詳しい。

その後、77年の開放F値補正方式の変更にともない AiNikkor105mmF2.5 に買替えて使い続けたが、カラーポジも併用する頃になると、モノクロフィルムには最適であったコントラストが有効露光域の狭いポジには強過ぎるように思え、81年に発売の AiNikkor105mmF1.8も装備して使い分けていた。

ニッコール伝統の105mmは、オートフォーカス化された現在も球面収差をコントロール可能なDCレンズとマイクロレンズに健在だけれど、特殊レンズでもあり、なによりその重量から導入していない。
ゆえにD3sに装着する今も、105mmはマニュアルフォーカスである。


写真は、その105mmレンズによる浜頓別停車中の303列車<天北>である。
この頃の宗谷方面への撮影スケジュールは、夜行<利尻>を南稚内で降り、抜海方向にて302<宗谷>を捉えた後に、午前中の列車で天北線に入るものだった。移動時間の関係で上りの<天北>は浜頓別以北で、夕方の下り<天北>なら音威子府近くまで迎えに行けたけれど、日没の早い時期ともなれば浜頓別でのバルブに限定された。

ここの下り方には人道跨線橋があって撮影にはお誂え向きのポイントだった。
人が渡ると揺れるこの跨線橋にめったに通行人はなく、30秒程のバルブの間もそれの不安はあまりなかったが、背景に映り込む国道の跨線橋は、これもあまり通行量の多くはないにかかわらず、必ず車の走り抜けて光跡が残ってしまうのだった。
ISO320の感度でも相反則不規と停車時間の関係で、これ以上は絞り込めない。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F2.5S Bulb@f8 Non filter Tri-X(ISO320)
関連記事

コメント

バルブ

こういったバルブ撮影こそ微妙なグラデーションが出し易いモノクロームの世界でしたね。

  • 2012/04/03(火) 23:56:54 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

それがですね、バルブでのカットは、スキャニングしてディジタルデータにしてしまうと、
いじれる諧調が多すぎてレタッチに迷ってしまうのです。
不自由な引き伸ばし機と格闘してた頃の方が、良いグラデがとれたような気がします。

  • 2012/04/05(木) 03:02:31 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

105

こんばんは、ご無沙汰しております。
この105mm、先日手に入れましていまから撮影に使うのが楽しみです。最近は単焦点とフィルムで楽しんでいます。
一つご教授願いたいのですが、ポジで鉄している方の写真にRDP3(+1)とある+1は、ISO200で撮影、露出もISO200で撮影して現像の時に(+1)ということなんでしょうか?先日、ISO100の露出とISO200の露出を混同して撮影してしまいまして今現像待ちです(涙)

バケペン

いやあ、バケペンと格闘なさってるんですねぇ。すごいです。
デカイ、重い、ですよね。
70年代の半ばくらいに中古で手に入れかけたのですが、思案の末マミヤの67にした覚えがあります。
あのサイズ、仕事ではスタジオしか使えませんし。

+1とは、1EV(絞り1段)の増感です。RDPなら200で撮影してラボにもプラス1の増感で、と言って出します。

  • 2012/04/10(火) 01:15:13 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/107-16805ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。