"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糠平 (士幌線) 1984

nukabira_09-Edit.jpg

蒸機末期の頃、士幌線を管轄していたのは、釧路鉄道管理局に置かれた帯広管理所と云う組織だった。
言わずと知れた非採算線区経営改善に設けられた現業機関であり、1960年の11月に、それまで管理長制度下に在った士幌線と広尾線の各駅に、池田機関区帯広支区、釧路車掌区帯広支区、帯広保線区の士幌・広尾線管内、加えては帯広駅までも統合して発足し、総勢600名余りの職員を擁していた。
管理所とは支社長の権限にて設けられ、1958年7月に発せられた総裁通達で、線区別経営組織を設置した場合、支社長は部内規定に拘らず経営改善のためであれば何事でも施行出来ると通達されていたとは云え、ルーラル線区の個別経営体が本線の拠点駅までも飲み込んでしまうのは、誠に珍しい事例だったと思われる。600余名とは帯広に在勤する国鉄職員のほぼ全てではなかったろうか。

前置きが長くなったが、この帯広管理所には東京から幾度も電話したものだった。長距離電話料金が恐ろしい程に高額だった当時に用いたのは、以前に小平 (羽幌線) 1972にも書いたけれど、当然に鉄道電話であった。
70年代の初頭、9600の牽く士幌線貨物は定期2往復が設定されるも、共に上士幌までの運転であり、十勝三股に到達するのは年に数回と言われた運材の臨貨だけだった。今に理解すれば第五音更川橋梁と思われる連続アーチ橋を往く蒸機列車を鉄道雑誌に見て以来、機会があればと念じ、渡道の予定が決まれば丸の内の国鉄本社ロビーに通った訳である。
帯広へは、1960年9月までに札幌を起点に岩見沢東と神居山の反射板を経た支線系SHFマイクロ波通信網が旭川から達しており、ダイヤル即時通話が実現していた。国鉄PRコーナーから借り出した電話帳に帯広管理所だけで、多くの番号が記載されていた覚えがある。記憶は定かでないけれど、選んで架けていたのは駅運転助役だったろう。そこでは、急遽運転が決まることもあると教えられ、渡道してからも撮影先の駅長事務室で電話を拝借しては問い合わせたものだったけれど、とうとう機会に恵まれぬまま終わったのだった。
余談だが、東京からのダイヤル通話も、SHF通信網を外れた道内地点からでは旭川や釧路の交換台を呼び出す必要があり、またもや蚊の泣くような通話に大声で怒鳴ることになっていた。後々即時通話の時代になっても小駅の駅員氏が待合室にまで響き渡るような大声で電話していたのは、この必要に迫られた癖が抜けぬものだったに違いない。

上士幌までの平原区間には魅力を覚えず、結局は足を踏み入れず仕舞いだった士幌線への初訪問は、煙も絶えて久しい1978年の年明けまもない頃で、十勝三股に気動車で到達した唯一の記憶である。勿論、前述の第五音更川橋梁が目当てだったのだが、寧ろ山腹にへばり付いたルートから第四糠平トンネルを抜けると眼前に広がる景観に惹かれ、数年を通うことになった。糠平での思い出話の幾つかは、前にここへ書いている。

糠平湖岸の726D。後追いである。


[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5 1/250sec@f8 Y48filter Tri-X(ISO320)  Edit by LightroomCC on Mac.

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。