"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細岡 (釧網本線) 1985

hosooka_09-Edit.jpg

北海道鉄道網の骨格路線を定めた『北海道鉄道敷設法』(1896年5月13日法律第93号)の第2条には、「石狩國旭川ヨリ十勝國十勝太及釧路國厚岸ヲ經テ北見國網走ニ至ル鐵道」が規定されていた。これは同法の制定意図から将来に幹線と位置付けられた路線と見て良い。公布後、直ちに道庁に置かれた臨時北海道鉄道敷設部による調査が行われ、この鉄道は第1期線に位置付けられたのだった。
経路中の厚岸は当時まで道東の拠点であった故だが、釧路川水運によりヒンターランドを確保した釧路が厚岸を凌ぐ経済的地位を確保すると、1919年の『北海道鉄道敷設法』改正にて(1919年3月25日法律第21号)、太平洋岸とオホーツク岸連絡線は短絡を意図して釧路から網走間と改られ、ここに後に釧網本線となる路線が確定したのである。
とは云え、釧路側の泥炭地帯(釧路湿原)の通過には難工事が予想され、二つの経路が比較・検討されるところとなっていた。釧路川の右岸と左岸の経路であり、当然ながら双方とも台地の縁を縫う線形が調査されていた。
実現しなかった右岸線を乏しい資料から推察するに、後の新富士付近の大楽毛方から分岐し、温根内までは1926年に開通した殖民軌道雪裡線とほぼ同経路、右転して温根内川・雪裡川の低湿地を築堤して渡り、宮島岬・キラコタン岬に隧道を穿って通過し下久著呂付近から標茶に至るもの、即ちは現在の道道53号から243号線に類似ながら、より泥炭地側の経路とされていたと伺える。
新富士-標茶間調査路線は、およそ50キロ余りの延長と推定され、それは東釧路(当時に別保信号場)-標茶間を上回るのだけれど、泥炭地への路盤構築距離は短く、現行路線が軟弱地盤への施工に難航し、工費・工期とも当初予定を大きく超過したことからは、ずさんな調査・見積りによる選定だったとも思える。開通後も、この現行線は激しい凍上や法面崩壊に悩まされ、洪水時の路盤水没からの一部線路付け替えなども生じたから、尚更の感がある。
にもかかわらずの左岸選定は、結局のところ釧路でのスイッチバック運転の回避だけだったのではなかろうか。

細岡から中の沢川流域の湿原陥入部を渡る築堤区間へと差し掛かる5691列車。東鹿越-中斜里間の指定運用による石灰石輸送列車の、これは返空回送であった。
写真の頃には湿原の乾燥化も進んでいたけれど、ここへの築堤構築も難航したに違いない。丘陵の裾に張り付けた区間が多かったとは云え、別保信号場-細岡間の1メートル当りの竣工単価は21円81銭と記録にある。釧北隧道掘削を含む上札鶴(現緑)-川湯(現川湯温泉)でも22円60銭であったから、如何に工費を浪費したかが理解されよう。細岡から塘路間に至っては50円82銭であった。

ところで、写真の背後には細岡駅周辺に所在していた集落が写り込んでいる。現在では全てが失われた。2010年国勢調査ではトリトウシ原野南4線の居住者は1世帯2人であった。さて、昨年の調査結果ではどうだったのだろうか。

=主要参考資料=
釧網線建設概要(1931年 鉄道省)
日本鉄道史(1921年 鉄道省)
鶴居村史(1966年 鶴居村)
北海道交通史(1950年 梅木通徳)

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4S 1/500sec@f8 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.


関連記事

コメント

たしかに厚岸~標茶のほうが地面は硬いです

昔ってほどでもなかったのですが、
細岡の周辺には集落や会館(公民館?)
納谷商店さんなんかがあって、
湿原探索するときの食糧確保する場が
存在していたのを思い出しました。
・・・なつかしいですみならいかのん

農産物が被害を受けた北見地方だったのですが、
物資輸送がしっかり確保できていれば
当該路線を使って、「さろままる」等で
釧路から運び出すことだって可能ではなかったかと、
網走管内在住の知人から最近になって聞きました。
いくら釧北峠の勾配がきついといっても、鉄路がわっか状になっていれば、
一方が切れても輸送は可能だったんじゃないかと思うのは
自分らの素人かんがえなのでしょうか?
・・・金かけて作ったのにもったいないみならいかのん

あたいはむずかしいことはよくわかんないのすが、
国道240が感染になっている今、
釧網線よりも釧美線とかのほうが、
利用価値も工費もよかったのかもしれないのか?なのだ。
・・・やはり素人考えなのだつるみん

厚岸から標茶へのバスが走っていたのは、
厚岸を釧網線の起点にする計画があったなごりかなと、
文章を読んで思ったのす。
・・・ありがとうございましたすゆたか

  • 2016/11/07(月) 16:11:50 |
  • URL |
  • はじめっち&みならいかのん&つるみん&ゆたか #-
  • [ 編集 ]

Re: たしかに厚岸~標茶のほうが地面は硬いです

返信おそくなりました。申し訳ありません。

厚岸から標茶への線路は「菱川線」計画として、随分と後々まで引きづられていましたね。
1951年から53年にかけて開業した国鉄自動車の厚岸線は、その培養線との位置づけでした。

石北線台風被災時における北見着発農産物輸送列車の釧網線迂回は、貨物列車運行の無くなって久く保守基準を遠の昔に落としてしまっている、この線区には出来ぬ相談でしょう。
1986年11月の改正で石北貨物が臨時運行となった際、荷主は北見のホクレンだけだったのですから、それもまだ定期運行の残った釧網線にスジを引いた方が合理的だろうに、と思ったものでしたが、偏に旭川局と釧路局と管轄が異なると云う理由だけで、石北線に貨物運行施設を残したのでしょう。

細岡駅横に存在した自治会館、何とかと名前が付いていた気がするのですが・・・。

  • 2016/11/24(木) 01:18:00 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/881-e3f770a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。